デジタル絵本

sakirhythmの世界をより多くの人に体験して頂きたいという思いから、可愛さと怖さが共存するアプリケーションを制作しました。そしてそのアプリを「デジタルえほんアワード」というコンペに提出したのですが、世界から多数応募があった中で「Flying Cat賞」を受賞することができました。

 

アプリ「sakirhythm」の制作

怖可愛い世界を「アプリケーション」として表現することで、「絵画」よりも身近なものとして体験して頂くことができるのではないかという想いで、「動く絵本」をプロデュースしました。

絵本の内容は、子供から大人まで楽しめるよう沢山仕掛けを用意しました。指で触ると音がなったり、キャラクターがアニメーションしたりする仕組みになっています。一見どこが動くのか分からないように隠してあるので、触れて探す楽しみがあります。

まだsakirhythmの展示に来られたことがない方に、是非アートの世界に触れて少しでも身近なものとして感じていただきたいです。

クライアント : デジタルえほんアワード

ディレクター / イラストレーター / ディベロッパー : sakirhythm

/

プロジェクトトップ